PRESS

ブログを始める理由

更新日:2011/05/11

自分で起業したファッションメーカーを売り払い、何もわからないまま"住のプレタポルタ"を造るぞと建築業界に飛び込んで21年があっという間に経ちました。人生は何かにのめり込むと存外短いものだと感じています。

初めから何故かRC(コンクリート造)にこだわって来ましたが、これもファッション業界にいた折、毎年のように訪れた欧州の建物の堅牢さに魅せられたのが原因です。

住をハードとソフトに分け 堅牢な命を守るハード(建物の躯体)と生活スタイルをソフト(ライフスタイルを室内に取り込む)と捉え、過剰な室内装飾をさけシンプルなる空間というコンセプトを掲げ10年ほど前からスタートしたRC(コンクリート造)壁式の住宅は1棟ずつ設計し建てさせていただいた家が200棟をゆうに超えました。

ライフスタイルを提案することが一番得意な事で、建築屋と呼ばれるよりは生活提案会社と呼ばれたいとずっと思っております。しかし無駄のないライフスタイルを造るには完璧に近いハード(建物の躯体)が私には必要条件でした。

島国日本は欧州とは根本的に違い、火山国日本は地震が多くまた火事の時は伝統的木造住宅が多い為燃えてしまう危険は常にあるわけで構造的にはどの材料も一長一短はあるのですが、地震と火事に強いハード(建物の躯体)をRC(コンクリート造)にすることで堅牢な命を守るハードと位置付けました。

RC(コンクリート造)はやってみるとなかなか厄介なもので今でも苦心の連続ですが、べニアで造る型枠を高性能FRP性の型枠と出会ったことで、又それを何か所でも繰り返し使用可能にしたことでリーゾナブルな価格を提供できる事が私の励みになりました。

3月11日未だ阪神淡路大震災の記憶が残っている中決して忘れる事の出来ない東日本大震災があり途轍もない津波と共に日本のほぼ4分の1を瓦礫の街に変えてしまいました。

今日現在14,949人の死者、9,800人の行方不明者となり住宅の全壊から損傷までを含めると20万戸を超えています。避難生活者は3,300か所160,000人におよんでいます。さらに原発の問題は将来の日本の不安の大きな原因となり、電力不足は首都圏をはじめ私どもの本社がある東海地方にもおよんでおります。

さて世界・国民レベルの援助活動も行われ国の根本療法は牛歩の如く不満が残るものの、少しずつは民間・自衛隊等の力により前に進んでおる事は、救われる気持ちになります。しかしこの被災地を連日TV、そしてネットでみるにつけ東海沖地震・南海地震を無意識でいるわけにはいかず、東日本大震災を検証することで地震のそもそもを見なおして、私が信じたRC(コンクリート造)が本当に私たちの命を守る事、そして守られた命の先にある生活することを勉強することがたくさんの親族を亡くされた被災地の方々からいただく教訓だと感じました。もしやの時の天災にも慌てない為に建築屋が出来る事を勉強しながら少しずつ書こうと決心したのが私がブログを始める理由です。

 

pageTop

  • 店舗建築・インテリア設計
  • 戸建賃貸住宅
INFINI HOMES Co.,Ltd
〒420-0034
静岡県静岡市葵区常磐町2-3-13 カーサアンフィニ2F
TEL : 054-345-6000 054-275-0666
FAX :054-275-0667
TERMINAL
〒420-0035
静岡県静岡市葵区七間町18-4
TEL : 054-269-5845 FAX : 054-269-5846

資料請求・お問い合わせ 無料プランお申込み

Copyright© 2012 INFINI HOMES Co.,Ltd. All Right Reserved.

Facebook Auto Publish Powered By : XYZScripts.com