HOUSE

木の家

コンクリート住宅のような機密性とすっきりとしたデザインを、もっとリーズナブルに提供したい。
そんな発想からアンフィニ木の家は生まれました。
アンフィニ木の家は、昔ながらの在来工法を大工の親方と一緒につくっています。
断熱材は趣向を凝らし、高い気密性を実現。
そしてシンプルな空間は、普遍的に住む人のかたちに合わせてくれます。
プライバシーを守りながらも、明るいリビングと吹き抜ける風。
自由な発想から生まれる新しい価値観とライフスタイルをご提案します。

> トップへ

INFINI HOMES 木の家の4つの特徴

1. やっぱり軸組み工法がいい
数多くある木造工法で、私たちは古くから日本の住居を支えてきた軸組み工法を選択しました。
普遍的なその構造体は、合理的で無駄な消耗資材も出ません。
2. 自由な構造体という発想
外周部分には構造用合板も併せて使用することにより、壁で持たせる構造体と軸組みで持たせる構造体の2種を併せて検討。住宅のかたちに合わせフレキシブルなご提案が可能になりました。
3. 機密性の高い室内
外断熱と内断熱の併用による室内は気密性が高く、冷暖房などにかかるコストの削減や省エネに優れています。
→ダブル断熱工法について
4. プランニングは無料です。お気軽にご相談ください。
皆様のご意見をお聞かせください。
当社デザイナーがご予算に合わせた最大限の空間をご提案いたします。

無駄がなく費用対効果の高い設計、豊かなデザイン、省エネ効果の高い木造住宅。
それがアンフィニ木の家です。

> トップへ

ダブル断熱(W断熱)とは…

壁の内側に断熱材を充填する内断熱に加え、壁の外側に対しても断熱ボードで隙間無く包み込むことで断熱性能を 高めています。

> トップへ

外断熱の効果は…

・外断熱で温度差を解消
結露は、温度差で発生します。だから、きっちりとした断熱施工をおこない、“建物内に温度差をつくらない”ことで結露を防ぐことができます。
外断熱工法は断熱材で家中をすっぽりと包み込み、温度差をつくりません。だから、結露の無い快適な空間をつくります。
・人だけでなく、家にも優しい外断熱
一般的な内断熱は、柱と柱の間に断熱材が入っています。
柱の内側と外側で温度差ができてしまい、柱に反りや割れなどの変化を与え、構造を弱くしてしまいます。
それに比べ外断熱は、“断熱材で家を外側からすっぽりと包み込む工法”です。その為柱や梁のソリ・割れが起こりにくい 状態を作り出します。
壁の中の結露も防げるので、人だけでなく家にとっても快適な環境を保ちます。強度はそのまま、家を長持ちさせる事が 可能なのです。
・省エネで快適です。(高気密・高断熱)
内断熱に比べ断熱材が隙間なく効果的です。
壁は開口部に次いで崔谷のエネルギーを失う場所、熱橋をなくし壁を外断熱にすることは、大変に効果的です。
また、ツーバイフォー標準施工の家と比較して最大55%気密性をアップさせます。
・家を傷めません。(耐結露性・耐浸水性・耐久性)
ダブル断熱工法は水蒸気を室内から外部へ逃がす透湿理論に基づいた外断熱工法です。
結露により躯体を腐らせたり、断熱材が水分を含み断熱性を失ったり、カビが発生したりといったトラブルから家を守ります。
また、断熱ボードの裏面に施されたウェーブ状の溝が、不要な湿気、水分を外部へ排出します。
・エコロジー・人を大切に考えました。
断熱材は無害で、鉱物繊維系断熱材のように有害物質が室内に飛散することもありません。全室温度差が少なくカビの 発生により健康状態に影響を与えることもありません。
その製造には有害ガスが使用されることもなく、地球環境への負担がとても小さい商品です。また、この断熱材はリサイクルが可能です。
・しかもエコロジー(経済的)
ダブル断熱工法は施工単価が安く、また冷暖房のランニングコストも大幅に節約します。
・アールデコ(色彩・形状が自由)
ダブル断熱工法は、他に例を見ない多彩なデザインが表現できます。無限の色彩とテキスチャー そして装飾が可能です。
・静か(遮音・防音性)
気密性・断熱性が高まると同時に遮音・防音性能もアップ。
外部からの騒音や室内からの音漏れにも効果的です。
・割れません。(耐クラック性)
壁全体をグラスファイバーメッシュとクラックレス効果の高いベースコート、柔軟性の高い仕上げ材で包んでいますのでクラックがゆき難い構造となっています。
・火事にも強い(防火・耐火性)
新素材の断熱材を採用することにより、木造在来工法で国土交通省の防火認定を取得しています。
高い防火性(日本基準の防火認定取得)

> トップへ

ダブル外断熱の構造

ダブル断熱構造

> トップへ

断熱ボード突き付け部の結露現象の解決

従来の外断熱
断熱ボードの小口はドン付けだったため、施工上どうしても隙間が生じていました。そのため、壁内の蒸気圧が上がるとこの隙間から外部へ蒸気が漏れ、ここで冷やされて結露するという現象が起こっていました。行き場のない結露はその場に滞留し、腐朽菌や食害を生じるという欠点がありました。この欠点は、断熱材に直接塗材を施工していく工法であっても解消されませんでした。
オメガ断熱ボードでの採用
断熱ボード、通気ボードともに、ボードの四方に相じゃくり加工が施されているため、隙間は完全に塞がれ、施工スピードもアップします。また、断熱ボードの裏面にはウェーブ加工が施され、壁内が多湿になったとしても、このウェーブを通じて、蒸気は下方から排出されます(空気は固定)。万一、雨水が断熱ボード内に侵入したとしても、同じく、下方より排出されるため、建物の耐久性を向上させました。

> トップへ

pageTop

  • 店舗建築・インテリア設計
  • 戸建賃貸住宅
INFINI HOMES Co.,Ltd
〒420-0034
静岡県静岡市葵区常磐町2-3-13 カーサアンフィニ2F
TEL : 054-345-6000 054-275-0666
FAX : 054-275-0667
TERMINAL
〒420-0035
静岡県静岡市葵区七間町18-4
TEL : 054-269-5845 FAX : 054-269-5846

資料請求・お問い合わせ 無料プランお申込み

Copyright© 2012 INFINI HOMES Co.,Ltd. All Right Reserved.